サイトメニュー

最適な治療が受けられる

女性

うつ病は日頃から症状を自前にチェックしておく事で適切な治療が受けられる上に回復も早まります。うつ病であるという診断を受けたら、医師の指導を守り、十分に休息できる環境づくりを心がける事が必要になります。

詳しく見る

ストレスを早期に発見する

鬱

うつ病をはじめとするメンタルヘルスは、企業がストレスチェックをする義務付けで行われています。しかし受検する労働者と使用者の関係というデリケートな問題があります。企業とは切り離し自主的に心療内科でチェックすることも検討する必要があります。

詳しく見る

症状を把握するために

医者

精神的な症状を正しく理解するためにチェックシートは欠かせませんし、うつ病にはいろいろな種類があることも見逃せません。いたずらにうつ病の症状を悪化させないためには、長期的な病気への取り組みを計画していくことが大切です。

詳しく見る

精神症状と身体症状が伴う

男性

うつ病は精神症状と身体症状が伴うことがほとんどです。医療機関ではチェックシートを用いて診断することもありますが、他の病気がないか、ストレスの度合いはどうかなどを重点的に診ます。うつ病は脳細胞の栄養不足が主な原因で、心身の休養が大事です。

詳しく見る

先ずは相談から始めよう

病院

同僚や家族に相談できない場合でも、専門医なら安心して打ち明けられ、しかも適切な投薬治療を受けられることからも、うつ病は病院で治すのが人気です。そして、通院先選びでは相性のほか、経過観察といったチェックも怠らない病院を選びましょう。

詳しく見る

心療内科を受診

カウンセリング

心のケアを行う

誰にでも罹患をする可能性がある疾患にうつ病があります。ストレスによって罹患をすることが多いのですが、中には自分がうつ病だと気付かないままで過ごしてしまう人もいるようです。周りの人から指摘をされて初めて気付くということもあるようです。自分がうつなのかどうか、簡単なチェックを利用して判断をしてみるのもよいでしょう。今はウェブサイトからでも簡単なチェックを受けることができるようになっているので、診断も行いやすいということがあります。代表的な初期症状に食欲不振、不眠、やる気が起きない、なんでもネガティブに考えてしまうということがあります。また頭痛や腹痛が起きるという人もいます。体に異常がないのに、これらの症状が起きる場合には心因性の可能性が大きいです。そうなるとまずうつ病を疑ったほうがよいでしょう。ストレスが大きな原因となっていることが多いので、そのストレスの原因をはっきりさせ、取り除かなければ改善をすることができない、ということもあるようです。うつ病のチェックを利用して、うつ病の可能性が高いと判断された場合、そのまま放置をしておくとどんどん状態が悪化をしてしまいます。中には耐えきれずになって自ら命を絶ってしまうという最悪の状態を引き起こす場合もあるので、うつ病が疑われた場合には専門の医療機関を受診したほうがよいでしょう。専門の医療機関でもチェックを受け、診断を確定させるということが必要です。最近では心療内科の数も増えてきているので、比較的受診しやすい環境が整っています。オンラインで自宅や職場近くのクリニックを検索してみるとよいでしょう。基本的には完全予約制になっているので、受診をしようと決めたのであれば、クリニックに問い合わせを行い、その上で予約を行って受診をするという流れになります。予約制にしておくことによって必ず受診をしなければいけないという気持ちにもさせてくれます。オンラインで簡単なうつ病チェックを行ったのであれば、その結果をプリントアウトして受診をする際に提出してみるのもよいでしょう。

Copyright© 2018 うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】 All Rights Reserved.