サイトメニュー

精神症状と身体症状が伴う

男性

周囲のサポートが重要

うつ病は気分の落ち込みと共に、体調不良になるのが特徴です。こうした精神症状と身体症状は一日の中で変化し、一番悪い状態が朝で夕方にかけて良くなっていくパターンが多いです。精神症状では感情と意欲、思考の3点において症状が出ます。感情面では憂鬱な気分や悲しさ、不安などを感じ、意欲面では何事にも億劫になったり集中力を欠いたりし、思考面では頭が冴えなかったり決断や判断がつけられなかったりします。そして、身体症状では睡眠障害や疲労・倦怠感が典型的な症状です。しかし、首や肩こり、腰痛、下痢・便秘など、誰にでも起こりやすい症状が出るが精神症状があまり出ない人もおり、その場合仮面うつ病といわれます。ですから、原因のわからない身体症状に悩まされている人は、うつ病である可能性があります。医療機関でのうつ病診断は、まず他の病気がないかチェックするのが一般的です。他の病気の疑いが薄いようなら現在起きている症状のほか、日頃のストレス度合いや性格、家族のことなどを聞き、診断の参考にします。また、チェックリストを使って症状やその程度を確認することも少なくないです。うつ病のチェックは、医療機関のホームページなどに掲載されているチェックシートでも行うことができます。軽度から中等度のうつ状態であれば、早めに受診したほうがいいかもしれません。軽い症状の内から治療を始めれば、早く快方に向かう場合が多いです。もし医療機関でうつ病と診断され治療が始まった場合、周囲のサポートが重要になります。まずうつ病は精神論で片付けられる問題ではなく、病気であることを理解してください。うつ病の原因は明確にはなっていないものの、脳細胞から発せられる命令を伝達する神経伝達物質がうまく働かないためだと考えられています。うつ病の患者さんは、脳由来神経栄養因子という脳細胞の栄養が不足しているのです。これは抗うつ剤の服用によって治療が可能となっています。それと同時に、心身共に休むことも大切です。できることなら仕事を休み、ストレスのない生活を送れるようサポートしてあげてください。また、「がんばれ」などの励ましの言葉は却って悪く作用する可能性があり、注意が必要です。弱音を吐く姿を見るのは辛いかもしれませんが、黙って聞いてあげるだけで救われる人も少なくありません。

Copyright© 2018 うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】 All Rights Reserved.