サイトメニュー

ストレスを早期に発見する

鬱

ストレス発見の制度

うつ病による自殺などメンタルヘルスを害したことを起因とする労災認定が増加しています。すでに平成26年に労働安全衛生法の一部を改正する法律が公布されていますが、活用法と実施に問題があるのではないかという指摘が一部にあります。このストレスチェックは、企業などで、うつ病の原因となる高ストレスを探し出し、メンタルヘルス不調を未然に防止することでうつ病を原因とする労災などを未然に予防し健康的な職場へと改善することを目指します。具体的には一定以上の労働者が在籍する全事業場で実施することが義務付けられ、それ未満の事業所でも推奨されます。総務部など人事権がある役員などは実施出来ません。なぜなら、デリケートな個人情報を取扱うことからで、実施者は医師、保健師などの資格者に限定されます。厚生労働省が推奨するストレスチェックのための簡易調査票を使用する場合が多く、このうち約60の質問に対し労働者がウェブなどで回答することでメンタルヘルス不調な労働者を抽出し、そのうちで希望して事業主に申出をした労働者に残業禁止や休職などをふまえた面接をします。企業におけるストレスチェックの実施は企業側に義務づけられましたが、労働者が受検の義務の規定はないうえ、面接指導を受けるには、本人から事業者に申し出なくてはなりません。ストレスを抱えている労働者やすでにうつ病を患っている場合などは、こうしたことを事業者が知ることとなるため、面接の申し出をためらう場合が多いことが指摘されています。ストレスチェックはセルフケアが原則です。ストレスを抱え込む結果、うつ病から自殺に追い込まれるタイプの人を救い出すことは、企業におけるストレスチェックでは難しいということです。こうした社会背景を考えるとき、企業とは関係せず、自分で医療機関にかかるのが得策と言えるでしょう。具体的には、心療内科を受診することになります。今日では、精神的なストレスやうつ病などは一般化していますし、心療内科は誰でも気軽に受診する環境ができています。さらに、企業と違って、医師に遠慮なく相談ができます。費用は自由診療だと5万円程度と言われますが、保険を適用することも検討すべきです。何と言っても、健康第一です、納得する方法でストレスチェックをする必要があります。

Copyright© 2018 うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】 All Rights Reserved.