症状を把握するために|うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】

サイトメニュー

症状を把握するために

医者

判断を正しく

精神的な疾患で有名なうつ病ですがその種類は一つではないことは、関心を持って勉強しなければ理解することは難しいでしょう。一般に代表的な種類は大うつ病性障害で、睡眠障害や身体の痛みがあり生活に支障が起きやすくなります。また、興味や喜びが喪われてしまい死にたい気持ちが沸き上がって、思考停止や極端な思考を持つことが特徴です。他の種類には、極端な躁うつ状態が交互に起こる双極性障害があり、ずっと一緒にいなければ病気とは分かりづらい症状があります。また、同じ双極性障害の中には、ひどいうつ状態と軽度な躁状態が現れるものもあり、一人暮らしの人であれば周りが気づかない症状もあります。それから女性特有なホルモンバランスからくるブルーな状態や、結婚や出産によって起こる心の揺らぎもうつ病の一つですが、時間の経過によって症状が無くなる場合があります。これからは、日常生活の質を高めたり安心できる環境を作ったりすることで、症状がよくなることもありますが、心療内科や精神科などで正しくチェックしてもらい治療する必要があります。最近ではインターネットから、自分でできるチェックシートもありますからその結果を参考にするとよいでしょう。身近にいる家族や知り合いが、何らかのストレスにさらされることによってうつ病を発症してしまったなら、なるべく刺激せずにチェックシートで症状を把握する必要があります。必ずしも本人のチェックが正しいとは限りませんから、事前に第三者がチェックしてそれを参考に、心療内科や精神科への受診をすすめるとよいでしょう。うつ病にかかるとさまざまな症状が出て、病気を認めないなど逆効果になるリスクもあります。そのため、精神的なことでの病院への受診は、世の中に広く認知されていることや、所定の手続きをすれば補助が出ることなどの具体的な情報を提供することも大切です。また、いたずらに周りに広く相談したり、理解のない人にうつ病をうったえたりしても病気が悪化することもありますので、現実的なプランを立てて行動することが大切です。うつ病のチェックの方法は一つではありませんし、数日経てばちがう結果を示すこともあります。信頼出来る担当医を見つけて長期的に治すことが、本人が無理なく回復するためのきっかけになります。

Copyright© 2018 うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】 All Rights Reserved.