最適な治療が受けられる|うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】

サイトメニュー

最適な治療が受けられる

女性

環境づくりが重要

うつ病は誰もがかかる可能性のある病気の1つです。近年になって診断基準も明確になり、治療方法も確立しつつあります。個々の症状に柔軟に対応しながら少しずつ改善させていくのが主流です。抗うつ剤による薬物治療や精神療法が中心になりますが、いずれの方法も長期間に渡り受け続けていく事になります。できるだけ早く社会復帰を実現させる為には、家族や身近な人の理解と協力が不可欠です。そしてうつ病はストレスが大きく関係しています。過剰なストレスが重なる事で脳内神経伝達物質のバランスが崩れ、様々な症状を引き起すと考えられています。日頃からストレスチェックシートを利用して自分の心と体の状態を小まめにチェックしておけば、予防にも繋がります。そしてうつ病をはじめとする心の病については精神科で治療を受ける事ができます。予診を受けた上で本人の置かれている環境や習慣、人間関係まで考慮しながら診断をします。更に今後の治療方針についての詳しい説明を受け、本格的な治療に進んでいきます。ストレスチェックシートで複数の要チェック項目が確認されたら、できるだけ早く専門医に相談する事が必要です。抗うつ剤の使用による薬物治療は約2週間から1ヶ月の期間で殆どの人が効果を感じる事ができる様になります。脳内情報神経伝達物質の減少を抑え、うつ病の症状を少しずつ解消させていく事ができます。薬物治療を受けるにあたり多くの人が副作用についての不安を抱きますが、医師の指導や用法をしっかり守っていれば、それ程問題になる事なく治療を進めていく事ができるので安心です。問題となるのは自己判断により途中で薬の服用を止めてしまう事です。めまいやふらつき、感覚障害等の離脱症状が生じる事があります。程度は患者の代謝機能にもよりますが、長く服用していた人程重い離脱症状が生じます。薬を止めたい人は必ず医師と相談して計画的に減薬していく事が必要です。そしてうつ病患者を持つ家族は万全なサポート体制を整えておく事が必要です。いくら良い事でも無理強いをすると本人に対して大きなプレッシャーとなります。過剰な励ましは避け、十分な休息が取れる環境作りに専念する事が先決です。

Copyright© 2018 うつ病チェックで発覚!【診断を確定させるということが必要】 All Rights Reserved.